平成27年度 秋期
高度情報技術者試験問題と解答
問17
共通フレームをプロジェクトに適用する場合の考え方のうち、
適切なものはどれか。

 ア JIS規格に基づいているので、個々のプロジェクトの都合で
   アクティビティやタスクを変えずに、そのまま適用する。
 イ 共通フレームで規定しているプロセスの実施順序に合わ
   せて、作業手順を決めて適用する。
 ウ 共通フレームで推奨している開発モデル、技法やツールを
   取捨選択して適用する。
 エ プロジェクトの特性や開発モデルに合わせて、
   アクティビティやタスクを取捨選択して適用する。



【正解】 エ

ア 組織やプロジェクトの特性、開発モデルに合わせて、共通フレームで
 規定されているアクティビティやタスクを取捨選択して適用する。
イ 共通フレームではプロセスの実施順序を規定している訳ではない
ウ 共通フレームでは特定の開発モデル、技法やツールを推奨していない。
エ 正しい。
テーラリング (修整) という。
 共通フレームにおける
テーラリングは、組織やプロジェクトの特性、
 開発モデルに合わせて、共通フレームで規定されているアクティビティや
 タスクを取捨選択したり組み替えたりすることである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問16 目次 問18
ファーストマクロ TOPページ