平成26年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問78
労働基準法において、36協定の説明はどれか。

 ア 業務遂行の手段、時間配分の決定などを大幅に
   労働者に委ねる業務に適用され、労働時間の
   算定は、労使協定で定めた労働時間の労働と
   みなす制度
 イ 業務の繁闘に応じた労働時間の配分などを行い、
   労使協定によって1か月以内の期間を平均して
   1週の法定労働時間を超えないようにする制度
 ウ 時間外労働、休日労働についての労使協定を
   書面で締結し、行政官庁に届け出ることによって、
   法定労働時間外の労働が認められる制度
 エ 労使協定によって1か月以内の一定期間の総
   労働時間を定め、1日の固定勤務時間以外では、
   労働者に始業・終業時刻の決定を委ねる制度



【正解】 ウ

ア 
裁量労働制の説明である。
イ 
変形労働時間制の説明である。
ウ 正しい。 労働基準法第36条に以下の記載がある。
 「
使用者は、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合に
 おいてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては
 労働者の過半数を代表する者との書面による協定をし、これを行政官庁に届け出た
 場合においては、

エ 
フレックスタイム制の説明である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問77 目次 問79
ファーストマクロ TOPページ