平成26年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問64
IT投資効果の評価に用いられる手法のうち、ROI
によるものはどれか。

 ア 一定期間のキャッシュフローを、時間的変化に
   割引率を設定して現在価値に換算した上で、
   キャッシュフローの合計値を求め、その大小で
   評価する。
 イ キャッシュフロー上で初年度の投資によるキャッ
   シュアウトフローが何年後に回収できるかに
   よって評価する。
 ウ 金銭価値の時間的変化を考慮して、現在価値
   に換算されたキャッシュフローの一定期間の合計
   値がゼロとなるような割引率を求め、その大小
   で評価する。
 エ 投資額を分母に、投資による収益を分子とした
   比率を算出し、投資に値するかどうかを評価する。



【正解】 エ

ア 
NPV (Net Present Value = 正味現在価値) によるものである。
イ 
PBP (PayBack Period = 回収期間法) によるものである。
ウ 
IRR (Internal Rate of Return = 内部利益率、内部収益率) によるものである。
エ 正しい。
ROI (Return on Investment = 投資利益率) は、利益額÷投資額で
 表す指標である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問63 目次 問65
ファーストマクロ TOPページ