平成26年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問62
全体最適化計画の立案時に検討する外部資源の活用に
関する記述のうち、“システム管理基準”に照らして
適切なものはどれか。

 ア 開発業務に外部資源を活用する場合は、自社の
   プロジェクトマネジメントの力量に応じて、
   構築するシステムの規模を制限する。
 イ 自社のシステム開発と運用を外部ベンダに継続
   して委託しているので、新規のシステム構築も
   同じベンダに一括委託する計画とする。
 ウ 自社のシステム部門に十分な人数を擁しており、
   従来、自社開発を行ってきた場合は、新たな
   外部資源活用の計画は不要である。
 エ システムの開発から運用・保守に至るプロセス
   において活用できる内部資源の量と質を把握し
   た上で、外部資源の活用を計画する。



【正解】 エ

システム管理基準には「
全体最適化計画は、外部資源の活用を考慮すること。 」と
記載がある。

ア 構築するシステムの規模は力量によって制限されるべきではない。
イ 「
開発計画の策定に当たっては、システム特性及び開発の規模を考慮して
 形態及び開発方法を決 定すること。
」と記載がある。
ウ 外部資源の活用を考慮する必要がある。
エ 正しい。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問61 目次 問63
ファーストマクロ TOPページ