平成26年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問56
データの追加・変更・削除が、少ないながらも一定の
頻度で行われるデータベースがある。このデータベース
のフルバックアップを磁気テープに取得する時間間隔を
今までの2倍にした。このとき、データベースのバック
アップ又は復旧に関する記述のうち、適切なものは
どれか。

 ア フルバックアップ1回当たりの磁気テープ使用量が
   約2倍になる。
 イ フルバックアップ1回当たりの磁気テープ使用量が
   約半分になる。
 ウ フルバックアップ取得の平均実行時間が約2倍に
   なる。
 エ ログ情報によって復旧するときの処理時間が平均
   して約2倍になる。



【正解】 エ

データの追加・変更・削除が、少ないながらも一定の
頻度で行われる
」という部分がキーとなる。

ア データの
追加ばかりであれば、データベースの容量が2倍になるため、
 磁気テープ使用量は2倍になることは考えられる。
イ データの削除ばかりであれば、データベースの容量が半分になるため、
 磁気テープ使用量は半分になることは考えられる。
ウ データの追加ばかりであれば、データベースの容量が2倍になるため、
 フルバックアップ取得の平均実行時間が約2倍になることは考えられる。
エ 正しい。 データベースのデータ量はあまり変わらないと考えられるが
 ログ情報は2倍になるため、復旧するときの処理時間も平均して2倍になる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問55 目次 問57
ファーストマクロ TOPページ