平成26年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問52
システム開発のプロジェクトにおいて、EVMを活用した
パフォーマンス管理をしている。開発途中のある時点で
CV (コスト差異) の値が正、SV (スケジュール差異) の
値が負であるとき、プロジェクトはどのような状況か。

 ア 開発コストが超過し、さらに進捗も遅れている
   ので、双方について改善するための対策が必要
   である。
 イ 開発コストと進捗がともに良好なので、今の
   パフォーマンスを維持すればよい。
 ウ 開発コストは問題ないが、進捗に遅れが出て
   いるので、遅れを改善するための対策が必要である。
 エ 進捗は問題ないが、開発コストが超過している
   ので、コスト効率を改善するための対策が必要
   である。



【正解】 ウ

EVM (Earned Value Management) は、プロジェクトの費用とスケジュールの観点から
当初計画と実績を比較して進捗管理する管理手法である。

CV = EV - AC が負の場合は、費用が嵩んでいることを示す。
また、
SV = EV - PV が負の場合は、予定よりも作業が遅れていることを示す。

同じような意味合いであるが、

CPI (Cost Performance Index) = EV / AC は、コスト効率指数で、
1より値が小さいと、費用が嵩んでいることを示す。
SPI (Schedule Performance Index) = EV / PV はスケジュール効率指数で、
1より値が小さいと、予定よりも作業が遅れていることを示す。

CV > 0、 PV < 0 であるため、
開発コストは問題ないが、進捗に遅れが出ていることになる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問51 目次 問53
ファーストマクロ TOPページ