平成26年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問29
分散データベースにおいて図のようなコマンドシー
ケンスがあった。調停者がシーケンス a で発行した
コマンドはどれか。ここで、コマンドシーケンスの
記述にUMLのシーケンス図の記法を用いる。



 ア COMMITの実行要求
 イ ROLLBACKの実行要求
 ウ 判定レコードの書出し要求
 エ ログ書出しの実行要求



【正解】 イ

ア システム2から否の応答があったため、COMMITはできない。
イ 正しい。2相コミットに関する問題である。
 
2相コミットは、分散データベースシステムにおいて、一連のトランザクション処理を
 行う複数サイトに更新処理が確定可能かどうかを問い合わせ、全てのサイトが
 確定可能である場合、更新処理を確定する方式である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問28 目次 問30
ファーストマクロ TOPページ