平成26年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問20
NAND素子を用いた次の組合せ回路の出力 Z を
表す式はどれか。 ここで、論理式中の“・”は論理積、
“+”は論理和、“”は X の否定を表す。

 ア X・Y  イ X+Y ウ X・Y  エ X+Y

 



【正解】 イ

X NAND X = NOT (X・X) = (X・X) が成り立つ。

また、ド・モルガンの法則により
A + B が成り立つ。

これらを利用すると、
問題の組合せ回路は、以下のように変形できる。

(X ・ X) NAND (Y・ Y)
NAND
= NOT ()
= NOT (X + Y)

= X+Y

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問19 目次 問21
ファーストマクロ TOPページ