平成26年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問15
システムの信頼性指標に関する記述のうち、適切な
ものはどれか。

 ア MTBFとMTTRは、稼働率が0.5のときに等しく
   なる。
 イ MTBFは、システムが故障してから復旧するまで
   の平均時間を示す。
 ウ MTTRは、MTBFに稼働率を掛けると求めることが
   できる。
 エ MTTRは、システムに発生する故障と故障の間隔
   の平均時間を示す。



【正解】 ア

ア 正しい。 MTBFとMTTRをいずれも T とすると
 稼働率 = MTBF/(MTBF+MTTR) = T/(T+T) = 0.5 となる。
イ MTBF (Mean Time Between Failure = 平均故障間隔) は、稼働してから
 故障までの平均稼働時間のことである。
ウ 稼働率 = MTBF/(MTBF+MTTR) より
 稼働率×(MTBF+MTTR) = MTBF
 稼働率×MTTR = MTBF − 稼働率×MTBF
 MTTR =
MTBF × (1−稼働率) /稼働率
エ 
MTTR (Mean Time To Repair = 平均修理時間) は、故障から次の
 稼働まで (復旧まで) の平均時間、つまり、平均修理時間である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問14 目次 問16
ファーストマクロ TOPページ