平成26年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問10
命令のアドレス部から実効アドレスを生成する方式の
うち、絶対アドレス方式はどれか。

 ア 基準アドレスとしてスタックポインタの値を用い、
   命令のアドレス部を基準アドレスからの変位
   として加算し、実効アドレスを生成する。
 イ 基準アドレスとして命令アドレスレジスタの値を
   用い、命令のアドレス部を基準アドレスから
   の変位として加算し、実効アドレスを生成する。
 ウ 命令のアドレス部で指定したメモリの内容を、
   実効アドレスとする。
 エ 命令のアドレス部の値をそのまま実効アドレス
   とする。



【正解】 エ

ア 
相対アドレス指定方式の説明である。
イ 
基底アドレス指定方式の説明である。
ウ 
間接アドレス指定方式の説明である。
エ 正しい。

アドレス指定方式として他には、
即値アドレス指定方式や、指標アドレス指定方式がある。

即値アドレス指定方式は、命令のアドレス部に格納されている値そのものが
定数として扱われる。

指標アドレス指定方式は、命令のアドレス部に格納されている値に
インデックスレジスタの値を加えた値を実効アドレスとする。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問9 目次 問11
ファーストマクロ TOPページ