平成26年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問8
100MIPSのCPUで動作するシステムにおいて、
タイマ割込みが1ミリ秒ごとに発生し、タイマ割込み
処理として1万命令が実行される。この割込み処理
以外のシステムの処理性能は、何MIPS相当になるか。
ここで、CPU稼働率は100%、割込み処理の呼出し
及び復帰に伴うオーバヘッドは無視できるものとする。

 ア 10
 イ 90
 ウ 99
 エ 99.9



【正解】 イ

MIPS (Million Instructions Per Second) は、CPUが1秒間に実行可能な命令数を
 百万回単位で表した値である。

タイマ割込みが1ミリ秒ごとに発生するため、1秒間で1000回、
つまり、1000万命令=
10MIPSが割込み処理に使用される。

従って、システム処理性能は
100MIPS − 10MIPS =
90MIPS である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問7 目次 問9
ファーストマクロ TOPページ