平成26年度 春期
高度情報技術者試験問題と解答
問6
OSのプロセス制御におけるプリエンプティブ方式に
関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア 各プロセスがシステム資源を自主管理できる
   ので、マルチプログラミングに向いている。
 イ ノンプリエンプティブ方式に比べて、コン
   テキスト切替えのためのオーバヘッドが小さい。
 ウ ノンプリエンプティブ方式に比べて、特定の
   プロセスがプロセッサを独占することが多い。
 エ プリエンプティブ方式を実現するには、OSが
   プロセスを強制的に切り替えて実行する機構が
   必要になる。



【正解】 エ

プリエンプティブなマルチタスクは、OSがアプリケーションのCPU割り当て時間を
管理する方式である。
一方、
ノンプリエンプティブなマルチタスクはOSがCPUの管理をせず、アプリケーション
が自主的にCPUを開放することで、他のタスクに切り替わる方式である。

ア プリエンプティブ方式では、システム資源をOSが管理する。
イ オーバヘッドが
大きくなる。
ウ プロセッサを独占することは
少ない
エ 正しい。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問5 目次 問7
ファーストマクロ TOPページ