平成26年度 春期
高度情報技術者試験問題と解答
問3
記憶領域を管理するアルゴリズムのうち、ベストフィット
方式の特徴として、適切なものはどれか。

 ア  空きブロック群のうち、アドレスが下位のブロック
   を高い頻度で使用するので、アドレスが上位の方
   に大きな空きブロックが残る傾向にある。
 イ  空きブロック群のうち、要求された大きさを満たす
   最小のものを割り当てるので、最終的には小さな
   空きブロックが多数残る傾向にある。
 ウ  空きブロックの検索にハッシュ関数を使用して
   いるので、高速に検索することができる。
 エ  空きブロックをアドレスの昇順に管理している
   ので、隣接する空きブロックを簡単に見つけられ、
   より大きな空きブロックにまとめることができる。



【正解】 イ

ア ファーストフィット方式の特徴に近い。
 
ファーストフィット方式は、メモリの空きブロックを先頭から探して、
 必要なサイズを割り当てることができる連続した空きブロックが見つかったら、
 その領域を割当てる方式である。
イ 正しい。
ウ ベストフィット方式では、ハッシュ関数は使用しない。
 記憶領域上では、ハッシュ関数は主に高速にデータを検索するために使われる。
エ 
ファーストフィット方式の特徴に近い。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問2 目次 問4
ファーストマクロ TOPページ