平成26年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問75
分析対象としている問題に数多くの要因が関係し、それらが
相互に絡み合っているとき、原因と結果、目的と手段と
いった関係を追求していくことによって、因果関係を
明らかにし、解決の糸口をつかむための図はどれか。


 ア アローダイアグラム
 イ パレート図
 ウ マトリックス図
 エ 連関図



【正解】 エ

ア 
アローダイアグラムは、作業と日程の流れを矢印で表し、順序関係や
 作業日数を表した図である。
イ 
パレート図は、値を降順にソートした棒グラフと、値の累積比率を
 折れ線グラフで表したグラフ図である。
ウ 
マトリクス図は、縦軸と横軸に異なる指標や要素を設定し、
 交わった個所に要素間の関係性を表記する図である。
エ 正しい。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問74 目次 問76
ファーストマクロ TOPページ