平成26年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問51
WBS (Work Breakdown Structure) を利用する効果として、
適切なものはどれか。

 ア 作業の内容や範囲が体系的に整理でき、作業の全体が
   把握しやすくなる。
 イ ソフトウェア、ハードウェアなど、システムの構成要素を
   効率よく管理できる。
 ウ プロジェクト体制を階層的に表すことによって、指揮命令
   系統が明確になる。
 エ 要員ごとに作業が適正に配分されているかどうかが
   把握できる。



【正解】 ア

ア 正しい。
WBS (Work Breakdown Structure) は、プロジェクト
 などにおいて作業工程や成果物を分解して要素とし、それらを
 階層的に示した図表のことである。
イ 構成管理ツールなどの説明である。
ウ プロジェクト体制図の説明と考えられる。
エ 役割分担表などの説明と考えられる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問50 目次 問52
ファーストマクロ TOPページ