平成26年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問42
通信を要求したPCに対し、ARPの仕組みを利用して実現
できる通信可否の判定方法のうち、最も適切なものはどれか。

 ア PCにインストールされているソフトウェアを確認し、
   事前に許可されているソフトウェア以外がインストール
   されていない場合だけ通信を許可する。
 イ PCのMACアドレスを確認し、事前に登録されている
   MACアドレスである場合だけ通信を許可する。
 ウ PCのOSのパッチ適用状況を確認し、最新のパッチが
   適用されている場合だけ通信を許可する。
 エ PCのウイルス対策ソフトの定義ファイルを確認し、
   最新になっている場合だけ通信を許可する。



【正解】 イ

ア 日本語が分かりにくいので分かりやすく解釈すると、
 「
PCにインストールされているソフトウェアを確認し、
 許可されていないソフトウェアがインストール
 されている場合は、通信を許可しない。
」となる。
 なんにせよ、ARPの仕組みを利用して実現できる通信可否の
 判定方法ではない。
イ 正しい。ARP (Address Resolution Protocol) は、
 IPアドレスからMACアドレスを求めるプロトコルである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問41 目次 問43
ファーストマクロ TOPページ