平成26年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問35
APT (Advanced Persistent Threats) の説明はどれか。

 ア 攻撃者はDoS攻撃及びDDoS攻撃を繰り返し組み合わせて、
   長期間にわたり特定組織の業務を妨害する。
 イ 攻撃者は興味本位で場当たり的に、公開されている
   攻撃ツールや脆弱性検査ツールを悪用した攻撃を
   繰り返す。
 ウ 攻撃者は特定の目的をもち、標的となる組織の防衛策に
   応じて複数の手法を組み合わせ、気付かれないよう執拗に
   攻撃を繰り返す。
 エ 攻撃者は不特定多数への感染を目的として、複数の
   攻撃方法を組み合わせたマルウェアを継続的にばらまく。



【正解】 ウ

ア APTは特定の目的を持っているため、業務妨害だけでは
 APT とは言えない。
イ 場当たり的な攻撃は、APT とは言えない。
ウ 正しい。 Advanced Persistent Threats は、
 「高度で持続的な脅威」といったところ。
エ 不特定多数への感染を目的としたものは、APT とは言えない。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問34 目次 問36
ファーストマクロ TOPページ