平成26年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問21
図の回路を用いてアドレスバスからCS信号を作る。
CS信号がLのときのアドレス範囲はどれか。
ここで、アドレスバスはA0〜A15の16本で、
A0がLSBとする。また、解答群の数値は16進数である。

 

 ア 3B00〜3BFF   イ 8300〜9BFF
 ウ A400〜A4FF   エ C400〜C4FF



【正解】 エ

回路はNAND回路である。
信号がLということは、0であることを意味する。
LSB (Least Significant Bit) は最下位ビットのことである。
小さい○印は否定を意味する。

これらを踏まえる。

CS信号が0となるには、NAND回路の入力値がすべて1となる
必要があり、A15〜A8までのビット列は
1100 0100 でなければならない。
これを16進数で表記すると C4 となる。

A7〜A0は16進数で 00〜FF の範囲であるため
CS信号がLとなるアドレスの範囲は
C400〜C4FF である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問20 目次 問22
ファーストマクロ TOPページ