平成26年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問14
2台のプリンタがあり、それぞれの稼働率が0.7と
0.6である。この2台のいずれか一方が稼動していて、
他方が故障している確率は幾らか。ここで、2台の
プリンタの稼動状態は独立であり、プリンタ以外の
要因は考慮しないものとする。

 ア 0.18  イ 0.28  ウ 0.42  エ 0.46



【正解】 エ

稼働率が0.7のプリンタをA、
稼働率が0.6のプリンタをBとする。

Aのプリンタが稼働していて、Bのプリンタが故障している確率は
0.7×(1−0.6) =
0.28
Bのプリンタが稼働していて、Aのプリンタが故障している確率は
0.6×(1−0.3) = 0.18

従って、 いずれか一方が稼動していて、他方が故障している確率は
0.28+0.18 =
0.46

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問13 目次 問15
ファーストマクロ TOPページ