平成26年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問12
NASを利用することによって、達成できるものはどれか。

 ア サーバごとに専用の磁気ディスクを搭載して
   個別管理するよりも、ファイルサーバのように
   システム全体で磁気ディスク群を効率的に利用
   することができる。
 イ 磁気ディスクに障害が発生しても、自動的に
   予備の磁気ディスクを起動して、パリティ情報
   からデータを復元し、処理を継続することができる。
 ウ 磁気ディスクのファイル領域の断片化を解消し、
   ヘッドの移動量の増大から起こる読み書き速度の
   低下や故障の誘発を防止することができる。
 エ データベースにアクセスするのに、SQLを使わず、
   表計算ソフトを操作する感覚でアクセスすることが
   できる。



【正解】 ア

ア 正しい。
NAS (Network Attached Storage) は、
 ネットワークに直接接続して使用するストレージである。
イ 
RAID (Redundant Arrays of Inexpensive Disks) を
 利用することによって、達成できる。
ウ 
デフラグによって、達成できる。
エ 
データベースアクセスツール (データアクセスツール) を
 利用することによって、達成できる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問11 目次 問13
ファーストマクロ TOPページ