平成26年度 秋期
高度情報技術者試験問題と解答
問17
組込み機器用のソフトウェアを開発委託する契約書に開発
成果物の著作権の帰属先が記載されていない場合、
委託元であるソフトウェア発注者に発生するおそれがある
問題はどれか。ここで、ソフトウェアは委託先が全て自主
開発するものとする。

 ア 開発成果物を、委託元で開発する別のソフトウェアに
   適用できなくなる。
 イ ソースコードを公開することが義務付けられる。
 ウ ソフトウェアをバイナリ形式でしか販売できなくなる。
 エ ハードウェアと合わせて、アルゴリズムに関する
   特許を取得できなくなる。



【正解】 ア

ア 正しい。 請負契約によるシステム開発では、特に契約を
 定めない限り、
委託先が開発したプログラムの著作権は、
 
委託先に帰属する。
 従って、開発成果物を、
委託元で開発する別のソフトウェアに
 用できなくなるおそれがある。
イ OSS (オープンソースソフトウェア) と惑わせるための
 選択肢と考えられる。
ウ バイナリ形式でもテキスト形式でも販売はできる。
エ 特許とは別の課題である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問16 目次 問18
ファーストマクロ TOPページ