平成26年度 秋期
高度情報技術者試験問題と解答
問1
A、B、C、Dを論理変数とするとき、次のカルノー図と
等価な論理式はどれか。
ここで、・は論理積、+は論理和、はXの否定を表す。

 ┌────┬──┬──┬──┬──┐
 │  CD│  │  │  │  │
 │    │00│01│11│10│
 │AB  │  │  │  │  │
 ├────┼──┼──┼──┼──┤
 │ 00 │ 1 │ 0 │ 0 │ 1 │
 ├────┼──┼──┼──┼──┤
 │ 01 │ 0 │ 1 │ 1 │ 0 │
 ├────┼──┼──┼──┼──┤
 │ 11 │ 0 │ 1 │ 1 │ 0 │
 ├────┼──┼──┼──┼──┤
 │ 10 │ 0 │ 0 │ 0 │ 0 │
 └────┴──┴──┴──┴──┘

 ア A・B・・D +
 イ  + B・D
 ウ A・B・D +
 エ  + B・D



【正解】 エ

カルノー図から
Cの値に関わらず
A=0、B=0、D=0であれば、1となるため
であることが分かる。

また、A、Cの値に関わらず、
B=1、D=1であれば、1となるため、
B・D であることが分かる。

従って、問題のカルノー図と等価な論理式は
  + B・D である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



目次 問2
ファーストマクロ TOPページ