平成25年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問74
バスタブ曲線を説明したものはどれか。

 ア 抜取り検査において、横軸にロットの不良率、縦軸に
   ロットの合格率をとると、ある不良率のロットが合格
   する確率を知ることができる。不良率が高くなると
   合格率は下がる。
 イ プログラムのテストにおいて、横軸にテスト時間、縦軸に
   障害累積数をとると、その形状は時間の経過に伴って
   増加率が次第に高くなり、ある時点以降は増加率が
   次第に鈍化し、一定の値に漸近していく。
 ウ 横軸に時間、縦軸に故障率をとって経過を記録すると、
   使用初期は故障が多く、徐々に減少して一定の故障
   率に落ち着く。更に時間が経過すると再び故障率は
   増加する。
 エ 横軸に累積生産量、縦軸に生産量1単位当たりの
   コストをとると、同一製品の累積生産量が増加するに
   つれて生産量1単位当たりのコストが逓減していくという
   経験則を表す。



【正解】 ウ

ア 
OC曲線の説明である。
イ 
信頼度成長曲線の説明である。 
 代表的なモデルとして
ゴンペルツ曲線ロジスティック曲線がある。
ウ 正しい。 バスタブは、浴槽の意味がある。
エ 
経験曲線の説明である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問73 目次 問75
ファーストマクロ TOPページ