平成25年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問65
要件定義段階において、要求品質の向上のために
発注者が留意すべきことはどれか。

 ア 現行システムと同じ機能の要求であっても、
   現行システムの機能や使われ方を調査して、
   要件定義を実施する。
 イ ビジネス要求の視点よりも、現行業務で使用
   されている機能が盛り込まれているか否かの視
   点で、要件定義の妥当性を検証する。
 ウ 要件定義書はあくまでも利用者ニーズの大枠を
   定めたものとして、実際には設計段階以降に、
   受注者と議論して具体的な要件を確定していく。
 エ 要件定義段階では業務要件を整理し、システム
   の移行方法・運用方法など非機能要件は、シス
   テム稼働前に洗い出す。



【正解】 ア

ア 正しい。現行システムで使われていない機能の整理や
 時代に応じた機能追加なども含めて要件定義を実施する。
イ 要件定義の妥当性においは、ビジネス要求の視点も大切である。
ウ 要件定義段階で、受注者と議論して具体的な要件を確定していくことに
 留意する。
エ 信頼性や使用性、機能性などの非機能要件も要件定義段階で
 整理しておく。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問64 目次 問66
ファーストマクロ TOPページ