平成25年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問52
ソフトウェアの開発規模見積りに利用されるファンクション
ポイント法の説明はどれか。

 ア WBSによって作業を洗い出し、過去の経験から求め
   た作業ごとの工数を積み上げて規模を見積もる。
 イ 外部仕様から、そのシステムがもつ入力、出力や内部
   論理ファイルなどの5項目に該当する要素の数を求め、
   複雑さを考慮した重みを掛けて求めた値を合計して
   規模を見積もる。
 ウ ソフトウェアの開発作業を標準作業に分解し、それらの
   標準作業ごとにあらかじめ決められた標準工数を割り
   当て、それらを合計して規模を見積もる。
 エ プログラム言語とプログラマのスキルから経験的に求めた
   標準的な生産性と、必要とされる手続の個数とを掛け
   て規模を見積もる。



【正解】 イ

ア 
ボトムアップ見積り法の説明である。
 標準タスク法に似ているが、過去の経験で工数を積み上げるのか
 標準工数を割り当てるのかに違いがある。
イ 正しい。
ウ 
標準タスク法の説明である。
エ 
COCOMOの説明である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問51 目次 問53
ファーストマクロ TOPページ