平成25年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問50
特許のサブライセンスの説明として、適切なものは
どれか。

 ア 特許の実施権の許諾を受けた者が、開発した改良
   特許についての実施権を、当該特許の実施権を
   与えた者に許諾すること
 イ 特許の実施権の許諾を受けた者が、更に第三者に
   当該特許の実施権を許諾すること
 ウ 特許の実施権の許諾を受けた者が、当該特許に
   関し第三者から訴えられ当該特許が無効となった
   場合、特許の実施権を許諾した者が金銭的な補償を
   すること
 エ 特許の実施権の許諾を受けた者が、当該特許の
   実施権を独占的に行使すること



【正解】 イ

ア 
クロスライセンスの説明である。ライセンス料を支払う代わりに
 当該特許の実施権を与えた者に許諾するような場合である。
イ 正しい。サブライセンスは再実施権ともいう。
ウ 損害賠償に関わる記述である。
エ 
専用実施権の説明である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問49 目次 問51
ファーストマクロ TOPページ