平成25年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問47
エラー埋込み法による残存エラーの予測において、テストが
十分に進んでいると仮定する。当初の埋込みエラーは
48個である。テスト期間中に発見されたエラーの内訳は、
埋込みエラーが36個、真のエラーが42個である。このとき、
残存する真のエラーは何個と推定されるか。

 ア 6  イ 14  ウ 54  エ 56



【正解】 イ

埋め込みエラーの発見率と、真のエラーの発見率は同じと考える。

当初の埋め込みエラー48個のうち、36個発見できているから、
その割合は、 36÷48 =
75%である。

ここで、全ての真のエラーを x個とすると
x ×
75% = 42
x = 42÷0.75 =
56個である。

従って、埋込みエラーを除く残存エラー数は
56−42 =
14個である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問46 目次 問48
ファーストマクロ TOPページ