平成25年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問43
毎回参加者が変わる100名程度の公開セミナに
おいて、参加者が持参する端末に対して無線LAN
接続環境を提供する。参加者の端末以外からの
アクセスポイントへの接続を防止するために効果が
あるセキュリティ対策はどれか。

 ア アクセスポイントがもつDHCPサーバ機能において、
   参加者の端末に対して動的に割り当てるIP
   アドレスの範囲をセミナごとに変更する。
 イ アクセスポイントがもつURLフィルタリング機能に
   おいて、参加者の端末に対する条件をセミナ
   ごとに変更する。
 ウ アクセスポイントがもつ暗号化機能において、
   参加者の端末とアクセスポイントとの間で事前に
   共有する鍵をセミナごとに変更する。
 エ アクセスポイントがもつプライバシセパレータ機能に
   おいて、参加者の端末へのアクセス制限をセミナ
   ごとに変更する。



【正解】 ウ

ア 参加者の端末のIPアドレスは毎回変わるが、そのことによって、参加者の端末
 以外からのアクセスポイントへの接続を防止する効果が得られることはない。
イ URLフィルタリング機では、参加者の端末以外からのアクセスポイントへの接続を
 防止する効果は得られない。
ウ 正しい。共有する鍵が異なれば、参加者の端末以外からの接続を防止することができる。
エ 
プライバシセパレータは、同じ無線LANのアクセスポイントやルータに接続している
 機器同士の直接通信を禁止する機能である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問42 目次 問44
ファーストマクロ TOPページ