平成25年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問35
1バイトのデータを16進2桁で表した後、先頭にパーセ
ント記号を付けて%1Aのような3バイトのASCII 文字
列にする変換はパーセントエンコーディングと呼ばれる。
例えばUTF−8でエンコードされた“α”の16進表示は
CEB1なので、これをパーセントエンコーディングしたもの
は%CE%B1となる。パーセントエンコーディングが使用
される場合はどれか。

 ア HTTPのベーシック認証でAuthorizationヘッダに
   パスワード情報を指定する場合
 イ Webページのフォーム上の漢字をHTTPの
   GETメソッドでサーバに送る場合
 ウ サブジェクトに日本語の文字を含む電子メールを
   送る場合
 エ フランス語やドイツ語のアルファベットを使った
   電子メールを送る場合



【正解】 イ

ア ベーシック認証は、利用者IDとパスワードを“:”で連結したものを、
 BASE64でエンコードしAuthorizationヘッダで指定して認証する方法である。
 パーセントエンコーディングは使用されない。
イ 正しい。
ウ パーセントエンコーディングはURLエンコードとも呼ばれ、
 URI (Uniform Resource Identifier ) で使用できない文字を扱う場合に
 使用される。
エ ウと同様であり、電子メールを送る場合には使用されない。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問34 目次 問36
ファーストマクロ TOPページ