平成25年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問27
クライアントサーバシステムにおいて、クライアント側から
ストアドプロシージャを利用したときの利点として、
適切なものはどれか。

 ア クライアントとサーバの間の通信量を削減できる。
 イ サーバ内でのデータベースファイルへのアクセス量を
   軽減できる。
 ウ サーバのメモリ使用量を削減できる。
 エ データの格納領域を削減できる。



【正解】 ア

ア 正しい。
ストアドプロシージャは、データベースへの更新や検索などの一連の処理
 手順をひとつにまとめて、データベースサーバ側に保存したものである。一連の処理が
 データベース内で行われるため、クライアントとサーバの間の通信量を削減できる。
イ データベースファイルへのアクセス量はあまり変わらない。
ウ サーバのメモリ使用量はむしろ多くなる。
エ データの格納領域はあまり変わらない。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問26 目次 問28
ファーストマクロ TOPページ