平成25年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問17
五つのジョブA〜Eに対して、ジョブの多重度が1で、
処理時間順方式のスケジューリングを適用した場合、
ジョブBのターンアラウンドタイムは何秒か。ここで、
OSのオーバヘッドは考慮しないものとする。

                 単位 秒
 ┌───┬────┬──────────┐
 │ジョブ│到着時刻│単独実行時の処理時間│
 ├───┼────┼──────────┤
 │ A │  0  │     2     │
 ├───┼────┼──────────┤
 │ B │  1  │     4     │
 ├───┼────┼──────────┤
 │ C │  2  │     3     │
 ├───┼────┼──────────┤
 │ D │  3  │     2     │
 ├───┼────┼──────────┤
 │ E │  4  │     1     │
 └───┴────┴──────────┘

 ア 8  イ 9  ウ 10  エ 11


【正解】 エ

処理時間順方式は、実行可能状態のジョブの中で、
処理時間が短いジョブが優先的に処理される。

処理時間を■、待ち時間を□で示すと以下の通りとなる。
 0123456789101112
A ■■
B  □□□□□□□■■■■
C   ■■■
D    □□□■■
E     □■

※時刻2の時、実行可能状態のジョブはBとCであり、
 Cの方が処理時間が短いため、Cが優先される。
※時刻5の時、実行可能状態のジョブはBとDとEであり、
 Eの方が処理時間が短いため、Eが優先される。
※時刻6の時、実行可能状態のジョブはBとDであり、
 Dの方が処理時間が短いため、Dが優先される。
※時刻8の時、ジョブBが実行され、時刻12で処理が終了する。

ターンアラウンドタイムは、ユーザーがシステムに処理を要求してから、
システムがそれに対して応答終了するまでの時間であるから、
ジョブBのターンアラウンドタイムは、到着した時刻1から処理終了時刻12までの
11秒である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問16 目次 問18
ファーストマクロ TOPページ