平成25年度 春期
高度情報技術者試験問題と解答
問18
品質問題を解決するために図を作成して原因の傾向を分析
したところ、全体の80%以上が少数の原因で占められて
いることが判明した。作成した図はどれか。

 ア 管理図
 イ 散布図
 ウ 特性要因図
 エ パレート図



【正解】 エ

ア 
管理図は、中心線になる横線とそれと並行に管理限界線を引き、ばらつきを
 管理する図である。
イ 
散布図は、2種類のデータの関係を対応させ、グラフ上に点でプロットした図である。
ウ 
特性要因図は、特性と要因の関係を系統的に線で結んで、問題の原因追及などに
 使われるダイアグラムである。 
魚の骨図 (フィッシュボーン・チャート) とも呼ばれる。
エ 正しい。
パレート図は、値を降順にソートした棒グラフと、値の累積比率を
 折れ線グラフで表したグラフ図である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問17 目次 問19
ファーストマクロ TOPページ