平成25年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問66
あるメーカがビールと清涼飲料水を生産する場合、
ケースA〜Fで必要なコストは、表のとおりである。
このメーカの生産活動における、両製品のスケール
メリットとシナジー効果についての記述のうち、
適切なものはどれか。

 ┌───┬───┬─────┬───┐
 │ケース│ビール│清涼飲料水│コスト│
 │   │(万本)│ (万本) │(万円)│
 ├───┼───┼─────┼───┤
 │ A │ 20│    0│ 1,500│
 ├───┼───┼─────┼───┤
 │ B │ 40│    0│ 3,300│
 ├───┼───┼─────┼───┤
 │ C │  0│   10│  500│
 ├───┼───┼─────┼───┤
 │ D │  0│   20│ 1,100│
 ├───┼───┼─────┼───┤
 │ E │ 20│   10│ 1,900│
 ├───┼───┼─────┼───┤
 │ F │ 40│   20│ 4,200│
 └───┴───┴─────┴───┘

 ア スケールメリットはあるが、シナジー効果はない。
 イ スケールメリットはないが、シナジー効果はある。
 ウ スケールメリットとシナジー効果がともにある。
 エ スケールメリットとシナジー効果がともにない。



【正解】 イ

スケールメリットは、規模が大きいほど、より大きな効果が得られることである。
シナジー効果は、二つ以上の要因が相互に働き、単体で得られる効果を
合わせた以上の、効果が得られることである。


ケースAとBを比較した場合、ビールを2倍生産しているのに、
一本当たりのコストが、割高になっている。
ケースCとDの清涼飲料水も場合も同様である。
従って、
スケールメリットはないといえる。

一方、
ビール20万本と清涼飲料水10万本を別々に生産すると2、000万円の
コストがかかるが、同時に生産すると1、900万のコストですむため、
シナジー効果がある。
ビール40万本と清涼飲料水20万本の製造の場合も同様である。
従って、
シナジー効果はあるといえる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問65 目次 問67
ファーストマクロ TOPページ