平成25年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問51
アプリケーションにおける外部入力、外部出力、内部
論理ファイル、外部インタフェースファイル、外部照会の
五つの要素の個数を求め、それぞれを重み付けして
集計する。集計した値がソフトウェアの規模に相関する
という考え方に基づいて、開発規模の見積りに利用
されるものはどれか。

 ア COCOMO
 イ Dotyモデル
 ウ Putnamモデル
 エ ファンクションポイント法



【正解】 エ

ア 
COCOMO (COnstructive COst MOdel) は、予想プログラムソース
 コードの行数を基に、プログラマの能力や再利用できるソフトウェアの量、
 過去のシステム開発の生産性に関するデータなど、様々な要因から開発規模を
 見積もり、これに補正係数 (コストドライバ) を掛けて工数を見積もる方法である。
イ 
Dotyモデルは、ソフトウェアの開発工数はプログラムのステップ数 (行数) の指数乗に
 比例するという考え方に基づいて開発規模を見積もる方法である。
ウ 
Putnamモデルは、総開発工数の見積りを元に、サブシステムやプログラム単位
 などに分解し、各工程の開発工数をトップダウン方式見積もる方法である。
 時間の経過による開発工数の変化を把握できる。
エ 正しい。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問50 目次 問52
ファーストマクロ TOPページ