平成25年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問46
設計上の誤りを早期に発見することを目的として、作成
者と複数の関係者が設計書をレビューする方法はどれか。

 ア ウォークスルー
 イ 机上デバッグ
 ウ トップダウンテスト
 エ 並行シミュレーション



【正解】 ア

ア 正しい。
イ 
机上デバッグは、コンピュータを動作させずにプログラムのソースコードを
 見ながら誤りを除く方法である。
ウ 
トップダウンテストは、上位のモジュールから下位のモジュールへと結合してテストして
 いく方法である。
エ 
平行シミュレーション法は、監査において、監査人が用意した検証用
 プログラムと監査対象プログラムに同一のデータを入力して、両者の実行結果を
 比較する方法である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問45 目次 問47
ファーストマクロ TOPページ