平成25年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問33
ビット誤り率が10%の伝送路を使ってビットデータを
送る。誤り率を改善するために、送信側は元データの
各ビットを3回ずつ連続して送信し、受信側は多数決を
とって元データを復元する処理を行う。このとき、
復元されたデータのビット誤り率はおよそ何%か。
ここで、伝送路におけるビットデータの増減や、同期
方法については考慮しないものとする。

 ア 1.0  イ 2.8  ウ 3.1  エ 3.3



【正解】 イ

3回とも全てが正しい確率 は
0.9×0.9×0.9 = 0.729 =
72.9%
2回正しくて1回誤る確率は
0.9×0.9×0.1×3通り = 0.243 =
24.3%
1回正しくて2回誤り、ビット誤りを起こす確率は
0.9×0.1×0.1×3通り = 0.027 =
2.7%
全て誤、ビット誤りを起こす確率は
0.1×0.1×0.1 = 0.001 =
0.1%

従って、復元されたデータのビット誤り率は、
2.7%0.1% 2.8%

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問32 目次 問34
ファーストマクロ TOPページ