平成25年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問27
クライアントサーバシステムにおけるストアドプロシージャに
関する記述のうち、誤っているものはどれか。

 ア 機密性の高いデータに対する処理を特定のプロ
   シージャ呼出しに限定することによって、セキュリティを
   向上させることができる。
 イ システム全体に共通な処理をプロシージャとして格納
   しておくことによって、処理の標準化を行うことができる。
 ウ データベースへのアクセスを細かい単位でプロシージャ
   化することによって、処理性能 (スループット) を向上
   させることができる。
 エ 複数の SQL 文から成る手続を1回の呼出しで実行
   できるので、クライアントとサーバの間の通信回数を
   減らすことができる。



【正解】 ウ

ア クライアントとサーバ間の通信が減るため、ある程度セキュリティを
 向上させることができる。
イ 正しい。
ウ 誤りである。 データベースへのアクセスをある程度大まかな単位で
 プロシージャ化することによって、処理性能 (スループット) を向上させる
 ことができる。
エ 正しい。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問26 目次 問28
ファーストマクロ TOPページ