平成25年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問13
80Gバイトの磁気ディスク8台を使用して、RAID0の
機能とRAID1の機能の両方の機能を同時に満たす
構成にした場合、実効データ容量は何Gバイトか。

 ア 320  イ 480  ウ 560  エ 640



【正解】 ア

RAID0 (ストライピング)は、データを複数台のディスクに分散して
書き込みアクセスを高速度化する技術であり、
RAID1 (ミラーリング)は、2台のディスクに同じ内容を書き込み、
高信頼性を実現する技術である。

RAID0では80Gバイトの磁気ディスク8台分をそのまま利用できるが、
RAID1ではミラーリングするために、磁気ディスク4台分の容量しか利用できない。

従って、実行実効データ容量は
80Gバイト × 4台 =
320Gバイトである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問12 目次 問14
ファーストマクロ TOPページ