平成24年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問64
共通フレーム2007によれば、システム化構想を立案
する段階で行う作業はどれか。

 ア 競争優位や事業機会を生み出す情報技術の利用
   方法について分析する。
 イ 業務が支障なく遂行されるようにシステム運用
   スケジュールを作成する。
 ウ ハードウェアとネットワークの実現方法を記述
   したシステム構成図を作成する。
 エ 利用者の要望を基に、情報管理の観点、管理単位
   などを分析する。



【正解】 ア

ア 正しい。システム化構想を立案する段階では、経営課題を解決するための新たな
 業務とシステムの構想を立案する。
イ 要件定義プロセスで行う作業である。
ウ システム化計画を立案する段階で行う作業である。
 システム化計画を立案する段階では、システム化構想を具現化するための、システム化
 計画及びプロジェクト計画を具体化し、利害関係者の合意を得る。
エ 要件定義プロセスで行う作業である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問63 目次 問65
ファーストマクロ TOPページ