平成24年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問61
災害や事故の発生後の対応を順に、BCP発動、業務
再開、業務回復、全面復旧の四つのフェーズに分けた
とき、業務再開フェーズで実施するものはどれか。

 ア 代替設備や代替手段から本番環境への切替手順を
   慎重に確認した上で、平常運用への移行を実施する
   とともに、BCPの見直しなど総括を実施する。
 イ 発生事象の確認、対策本部の速やかな立上げ、確実
   な情報収集、BCP基本方針の決定を実施する。
 ウ 最も緊急度が高い業務や機能が再開された後に、
   代替設備や代替手段の運営を継続しながら、さらに
   業務範囲の拡大を実施する。
 エ 最も緊急度の高い業務を対象に、代替設備や代替
   手段に切り替え、復旧作業の推進、要員などの経営
   資源のシフトを実施する。



【正解】 エ

ア 全面復旧フェーズで実施する。
 「
平常運用への移行を実施」がキーワードになる。
イ BCP発動フェーズで実施する。
ウ 業務回復フェーズで実施する。「
最も緊急度が高い業務や機能が再開された後」 
 が、キーワードになる。
エ 正しい。業務再開フェーズでは、最も緊急度の高い業務を対象に、代替設備や
 代替手段に切り替える。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問60 目次 問62
ファーストマクロ TOPページ