平成24年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問13
キャッシュメモリを搭載したCPUの書込み動作におい
て、主記憶及びキャッシュメモリに関し、コヒーレンシ
(一貫性) の対策が必要な書込み方式はどれか。

 ア ライトスルー
 イ ライトバック
 ウ ライトバッファ
 エ ライトプロテクト



【正解】 イ

ア 
ライトスルー方式は、キャッシュと主記憶の一貫性 (コヒーレンシ) を保ちながら、
 書込みを行う方式のことである。
イ 正しい。 
ライトバック方式は、CPUが書込み動作をするとき、キャッシュメモリだけに
 データを書き込む方式のことであり、コヒーレンシの対策が必要な書込み方式である。
ウ 
ライトバッファは、ディスクなどにデータを書き込む際のオーバーヘッドを抑えるために、
 データを一時的に書き込んでおくメモリのことである。
エ 
ライトプロテクトは、書き込みや削除をできなくするようにする機能や機構のことである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問12 目次 問14
ファーストマクロ TOPページ