平成24年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問73
製造業のA社では、NC工作機械を用いて、四つの
仕事a〜dを行っている。各仕事間の段取り時間は
表のとおりである。合計の段取り時間が最小になる
ように仕事を行った場合の合計段取り時間は何時間か。
ここで、仕事はどの順序で行ってもよく、a〜dを
一度ずつ行うものとし、FROMからTOへの段取り
時間で検討する。

                  単位 時間
 ┌─────┬───┬───┬───┬───┐
 │   TO│   │   │   │   │
 │     │仕事a│仕事b│仕事c│仕事d│
 │FROM │   │   │   │   │
 ├─────┼───┼───┼───┼───┤
 │ 仕事a │ − │ 2 │ 1 │ 2 │
 ├─────┼───┼───┼───┼───┤
 │ 仕事b │ 1 │ − │ 1 │ 2 │
 ├─────┼───┼───┼───┼───┤
 │ 仕事c │ 3 │ 2 │ − │ 2 │
 ├─────┼───┼───┼───┼───┤
 │ 仕事d │ 4 │ 3 │ 2 │ − │
 └─────┴───┴───┴───┴───┘

 ア 4  イ 5  ウ 6  エ 7


【正解】 ア

仕事の順序は4×3×2×1=24通り。
全てについて検討しておけば確実である。

a→b→c→d 2+1+2 = 5時間
a→b→d→c 2+2+2 = 6時間
a→c→b→d 1+2+2 = 5時間
a→c→d→b 1+2+3 = 6時間
a→d→b→c 2+3+1 = 6時間
a→d→c→b 2+2+2 = 6時間
b→a→c→d 1+1+2 =
4時間

選択肢の最小値となったため、
4時間が正解となる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問72 目次 問74
ファーストマクロ TOPページ