平成24年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問46
ソフトウェアの再利用の説明のうち、適切なものはどれか。

 ア 再利用可能な部品の開発は、同一規模の通常の
   ソフトウェアを開発する場合よりも工数がかかる。
 イ 同一機能のソフトウェアを開発するとき、一つの大きい
   部品を再利用するよりも、複数の小さい部品を再
   利用する方が、開発工数の削減効果は大きい。
 ウ 部品の再利用を促進するための表彰制度などによる
   インセンティブの効果は、初期においては低いが、
   時間の経過とともに高くなる。
 エ 部品を再利用したときに削減できる工数の比率は、
   部品の大きさに反比例する。



【正解】 ア

ア 正しい。
イ 複数の小さい部品を再利用するよりも、一つの大きい部品を
 再利用する方が、開発工数の削減効果は大きい。
ウ インセンティブの効果は、初期においては高いが、
 時間の経過とともに低くなっていく。
エ 一般的には部品を再利用したときに削減できる工数の比率は、
  部品の大きさに比例する。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問45 目次 問47
ファーストマクロ TOPページ