平成24年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問42
ウイルス検知手法の一つであるビヘイビア法を説明
したものはどれか。

 ア ウイルスの特徴的なコード列が検査対象プロ
   グラム内に存在するかどうかを調べて、もし存在
   していればウイルスとして検知する。
 イ 各ファイルに、チェックサム値などウイルスではない
   ことを保証する情報を付加しておき、もし保証する
   情報が検査対象ファイルに付加されていないか
   無効ならば、ウイルスとして検知する。
 ウ 検査対象ファイルのハッシュ値と、安全な場所に
   保管してあるその対象の原本のハッシュ値を比較
   して、もし異なっていればウイルスとして検知する。
 エ 検査対象プログラムを動作させてその挙動を
   監視し、もしウイルスによく見られる行動を起こ
   せばウイルスとして検知する。



【正解】 エ

ア 
パターンマッチング法の説明である。
イ 
チェックサム法の説明である。
 デジタル署名を施しておく方法は
インテグリティチェック法と呼ばれる。
ウ 
コンペア法の説明である。
エ 正しい。 ビヘイビアには
振舞いの意味がある。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問41 目次 問43
ファーストマクロ TOPページ