平成24年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問38
手順に示すハッシュ関数とメッセージダイジェストの
処理を行うことで得られるセキュリティ上の効果は
どれか。ここで、メッセージダイジェストは安全な
方法で保護され、改ざんや破壊がされていないもの
とする。
〔手順〕

 (1) 送信者Aは、電子メールの本文からハッシュ関数を
  用いて、メッセージダイジェストを作成する。電子メール
  の本文とメッセージダイジェストを別々に受信者Bに
  送信する。
 (2) 受信者Bは受信した電子メールの本文からハッシュ
  関数を用いて、メッセージダイジェストを作成する。
  その作成したメッセージダイジェストと、受信したメッ
  セージダイジェストを比較する。

 ア 電子メールの改ざんの有無の確認
 イ 電子メールの誤送信の防止
 ウ 電子メールの送達確認
 エ 電子メールの盗聴の防止



【正解】 ア

ア 正しい。ハッシュ関数は、ある入力値から唯一に決まる固定値を生成する関数の
 ことである。入力値が異なるとハッシュ値も異なるため、改ざんの有無の確認ができる。
イ ハッシュ関数を使っても、誤送信の防止はできない。
ウ ハッシュ関数を使っても、送達確認はできない。
エ 問題では、電子メールを暗号化していないため、盗聴の防止はできない。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問37 目次 問39
ファーストマクロ TOPページ