平成24年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問6
アルゴリズムの処理時間や問題の計算時間を比較
するときに使用するオーダ記法の説明として、適切な
ものはどれか。

 ア アルゴリズムが解に到達するまでの計算量の
   下限値を表す。
 イ アルゴリズムがこれより遅くならないという計算量の
   上限値を表す。
 ウ アルゴリズムの解析では、主要項の部分を除いて
   比較する。
 エ アルゴリズムを実現した場合の変数領域の大きさ
   を表す。



【正解】 イ

ア オーダ記法は計算量の上限値を表す。
イ 正しい。
ウ 主要項の部分を比較する。
 また、主要項の係数や、主要項以外の部分を除いて比較する。
エ 領域計算量 (空間計算量) の説明である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問5 目次 問7
ファーストマクロ TOPページ