平成23年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問78
偽装請負となるものはどれか。

 ア 請負契約の要員が業務で使用するコンピュータや
   開発ツールなどは請負業者側で調達し管理する。
 イ 請負契約の要員が発注先の事務所で業務を行う
   場合の規律、服装などの管理は、請負業者側で行う。
 ウ 請負契約の要員と発注者の社員が混在しているチーム
   で、発注者側の責任者が業務の割振り、指示を行う。
 エ 請負契約の要員の時間外労働、休日労働は、業務の
   進捗状況などをみて請負業者の責任者が決める。



【正解】 ウ

ア 問題のない請負である。
イ 問題のない請負である。
ウ 正しい。偽装請負となる。
 発注者側の責任者が、発注者の社員の要員の業務の割振り、指示を行い、
 請負業者の責任者が、請負契約の要員の業務の割振り、指示を行う。
エ 問題のない請負である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問77 目次 問79
ファーストマクロ TOPページ