平成23年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問72
通信機能及びほかの機器の管理機能をもつ高機能型の
電力メータであるスマートメータを導入する目的として、
当てはまらないものはどれか。

 ア 自動検針が可能になり、検針作業の効率向上に
   つながる。
 イ 停電時に補助電源として一定時間電力を供給し
   続けることができる。
 ウ 電力需要制御が可能になり、ピーク電力を制御する
   ことができる。
 エ 電力消費の見える化によって、電力需要の平準化に
   つながる。



【正解】 イ

スマートメーターは、通信機能を備えた電力メーターである。

イ 正しい。スマートメータには、電力を供給する機能はない。
ウエ 利用者の消費電力に応じて、供給電力を制御し、
 電力需要の平準化につなげることができる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問71 目次 問73
ファーストマクロ TOPページ