平成23年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問57
“システム監査基準”における、組織体がシステム監査を
実施する目的はどれか。

 ア 外部の専門企業によるテストによって、社内ネットワーク
   環境の脆弱性を知り、ネットワーク環境を整備する。
 イ 自社の強み・弱み・自社を取り巻く機会・脅威を整理し、
   新たな経営戦略・事業分野を設定する。
 ウ 情報システムにまつわるリスクに対するコントロールの
   整備・運用状況を評価し、改善につなげることによって、
   ITガバナンスの実現に寄与する。
 エ ソフトウェア開発の生産性のレベルを客観的に知り、
   開発組織の能力を向上させるために、より高い生産性
   レベルを目指して取り組む。



【正解】 ウ

ア 強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)の
 頭文字をとった、
SWOT分析を実施する目的である。
イ ネットワークの
脆弱性検査を実施する目的である。
ウ 正しい。
エ 
CMMI (能力成熟度モデル結合:Capability Maturity Model Integration)
 を利用する目的である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問56 目次 問58
ファーストマクロ TOPページ