平成23年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問33
データベースにデータの追加、削除などが多数回繰り返されて、
データベース全体のアクセス効率が低下したときに、データベースに
対して行う処理はどれか。

 ア 再起動
 イ 再実行
 ウ 再定義
 エ 再編成



【正解】 エ

ア 再起動は、データベースそのものの設定変更などの際に行う。
イ 再実行は、処理がうまくいかなかった場合などに行う。
ウ 再定義は、データ項目名や、データ型などを変更する場合などに行う。
エ 正しい。再編成を行うと、断片化したデータが連続領域に確保されるなど、
 低下したアクセス効率の回復が期待できることが多い。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問32 目次 問34
ファーストマクロ TOPページ